ICPC ACM ICPC IBM

english 日本語  
Asia Regional Contest 2008, Japan, AIZU

Home → For beginners






国内予選の成績

 
   順位(成績)は次のルールで決まります:

        * 正解数の多いチームが上位
        * 正解数が同じ場合はペナルティの和の小さい方が上位
          (開始時間からその問題が解けるまでの時間がペナルティ)
        * 不正解を提出した場合,1 回につき 20 分のペナルティが加算される
          ただし, 最終的に解けなかった問題についてのペナルティは加算されない

    [例] 16:30に開始した国内予選で
    問題A    17:10 に正解
    問題B    17:30 と 17:50 に誤答を提出;18:10に正解
    問題C    18:55 と 19:25 に誤答を提出;最終的に不正解
    問題D    18:00 に誤答を提出;最終的に不正解
    問題E    手つかず

    この場合,正解数は 2であり, ペナルティは合計で 180 分となります:

        * 問題Aに関して 17:10 - 16:30 = 40分
        * 問題Bに関して 18:10 - 16:30 = 100分 + 20分×2 (誤答数)

    問題 C, D, E は正解していないので誤答してもペナルティに加算されません.


国内予選の実施方法


 
国内予選の開始時刻になると,Web 上に問題が公開されます.
 (URL は事前に通知します.)

 各チームは ,通知されたURLにアクセスし,公開されている問題に対する
 プログラムを書きます.問題はどんな順番で解いても構いません.
 チームが簡単と思ったものから手をつければよいです.

 プログラムを書き終えたら,与えられた入力データに対してプログラムを実行します.
  入力データは,各問題ごとに 4 個用意されており,最初のデータは問題文中に
  示されています. そして,出力(実行結果)とプログラム(ソースプログラム)
  を所定の方法で提出します.
 (注:2005年度までは,メールで出力とプログラムを提出していましたが,
  2006年度以降はWebを通して行います.)

    提出した出力が正しければ, 次のデータの置き場所が通知されます.
  (間違いの場合はその旨が通知されます.) 作成したプログラムが,
  2 つの異なるデータに対して連続して正しい結果を出力すれば,
  その問題は解けたことになります.

    例えば,あるプログラム p1 でデータ d1 について正解した場合,
  その p1 で別のデータ d2 についても答えるよう求められます.
  d2 に対しても p1で正しい出力を出せれば「その問題は正解した」と
  見なされます. もし p1 が誤った出力を出すようならば,別の
  プログラム p2 を作ることになります. その p2 で d2 を解き,
  次の入力データ d3 でも正解しなくてはいけません.

    まれに不正解が続いたため,入力データがなくなり,その問題が
  解けなくなることがあります.そのため,もちろん早く提出した方が
  よいのですが,提出前に必ず各チームなりにテストを行った方がよいです.

Sponsors

IBM Japan, Ltd.
Beacon Information Technology Inc.
CSK Holdings Corporation
Lincrea
Mixi, Inc.
NTT Corporation

DG Technologies, Inc.
Fujitsu Ltd.
Google, Inc.
Hitachi, Ltd.
IMS Lab, Inc.
KDDI R&D Laboratories, Inc.
Kozo Keikaku Engineering, Inc.
Mitsubishi Electric Corporation
NEC Corporation
NTT Data Corporation
NTT Software
Ricoh Co., Ltd.
Sony Computer Science Laboratories, Inc.
Toshiba Corporation

 

.
.